これさえ押さえれば完璧!面接を勝ち取る9つのコツ その②
2019.12.26掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Line
面接関連

上手な自己㏚の仕方


面接が始まると、必ずと言っていいほど自己PRをしなければなりません。自己PRとは、自分はどのような人間でどのような志を持って介護職をしたいと思っているのか説明することです。ある程度、質問されることが決まっているのですから、事前に用意しておくことで落ち着いて対応することができます。

入社を希望する会社を知る努力をする

自己PRですが、自分のことを説明する際に、入社しようとしている会社について調べる努力をしたということを伝えなければなりません。「私は、御社の提供する介護サービスについて、多くの人たちが安心して暮らせるまちづくりに貢献していると思いました。御社が、長年取り組んでいる介護の○○については、5年後、○○になる世の中で、必ず必要なとなるサービスだと感じます。」このように面接官に伝えれば、当社のことを、よく調べてきたのだなと良い印象を持ってもらえるでしょう。

会社に求められる姿に合うような自己PR

会社には、求めている人物像というのがあります。仕事の内容によって、求められることは様々ですが、その企業に合うような自己PRをしなければなりません。「私は、○○という長所があります。この長所は、御社の介護現場で、必ず役に立つことができます。」このように、自分の長所と会社の求めていることを合わせることで良い自己PRができます。面接の際は、仕事内容に
ついて経験がなかったとしても、謙虚に面接を受けることで、そのような姿も面接管はしっかり見ています。心を正して、自己PRをするようにしましょう。

 

奈良介護求人・転職ナビ WillBeコーポレーション