これさえ押さえれば完璧!面接を勝ち取る9つのコツ その③
2019.12.26掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Line
面接関連

よくある質問と回答のポイント


面接を上手く進めるためには、事前に質問内容を予想しておくことが大切です。介護職なら、この質問をされるだろうということを予め予想し、回答を用意しておくことで、面接の時も落ち着いて対応ができ面接官の印象も良くなるでしょう。

当社を希望する理由を教えてください。

面接官というのは、なぜこの人が当社に入社しようと思ったのか、ということを知りたいと思っています。その際は、入社しようと思っている会社が取り組んでいることを調べて、
「御社の介護サービスの○○を積極的に行う姿勢を見て、私も少しでもお役に立ちたいという思いで入社を希望しました。」という答え方をしましょう。

前職を退職した理由はなんでしょうか?

以前勤めていた会社を退職して、新しい会社に入社する場合、退社した理由というのがどうしても気になります。その際は、良い印象を持ってもらえるような答え方をしなければなりません。
大切なことは、自分の答えようとしている内容が、前向きなことかどうかということです。

残業は大丈夫でしょうか?

入社したい気持ちは分かりますが、家庭の事情などで残業できないにもかかわらず、残業できると答えてしまってはいけません。入社したあとに会社の人を困らせる結果となってしまいます。
できないのであれば、「家庭がありますので残業はできません。」と理由をつけた上で、答えましょう。

当社に質問はありますか?

最後によく聞かれる質問ですが、これに関しては、「入社した際、どのような流れで介護業務を行っていくのでしょうか。」というような質問をしましょう。
面接の流れで業務説明があった場合は、他の質問に変えるなどして、質問を事前に用意しておきましょう。

 

奈良介護求人・転職ナビ WillBeコーポレーション