これさえ押さえれば完璧!面接を勝ち取る9つのコツ その⑤
2019.12.26掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Line
面接関連

短所を聞かれたら


面接で短所を聞かれた場合、印象良く思ってもらえる答え方というのがあります。今回はその答え方を丁寧に説明していきたいと思います。

短所の答え方の事前準備

まず、どのようなことを短所として答えるのか用意しておきましょう。今回は例として、「真面目すぎるところです。」というのを使用し説明したいと思います。話の流れとしては、短所を説明したあとに、プラスに思ってもらえるように説明していきます。

実際の面接官への答え方

短所に関する質問がされた際、「真面目すぎるところです。」と正直に答えます。そのあとに、プラスに思ってもらえるような前向きな理由を説明します。「真面目なことは、良いことですが、時間や場所に応じた行動をしなければならないので、その点について正しい行動がとれるように努力しています。」といったような説明です。

努力し改善する姿を伝える

短所を説明する場合、面接官は自分の短所をどのように克服するのかという点を見ています。ですから現状に対して、具体的にこのような努力をすることで、克服する努力をしているということを明確に伝えましょう。

前向きな印象を持ってもらいましょう

努力し改善する姿というのは、実際の現場でも必要なことです。仕事を任されたときに失敗してしまったとしても、前向きにとらえて努力し、改善できるかを見ているのです。ですから、この人なら仕事を任せても大丈夫だと思ってもらえるように答えていきましょう。

 

奈良介護求人・転職ナビ WillBeコーポレーション