これさえ押さえれば完璧!面接を勝ち取る9つのコツ その⑧
2019.12.26掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Line
面接関連

自己紹介の仕方


今回は面接官に「自己紹介をしてください。」と言われた際の対応の仕方について説明します。事前に用意しておけば、明確に答えられますので、どのようなことを言えば良いのか説明していきます。

1分間の自己紹介をする場合

1分間の自己紹介をしなければならないと仮定してその中で説明することは、自分の氏名などの簡単な自己紹介と、自分の長所についてです。自分にはどのような長所があって、その長所を活用してどのように会社の役に立ちたいのか説明するだけで、非常にイメージが良いと言えます。自己紹介はその場で考えるものではなくて、事前に言う内容を用意して行うものですので、話す内容は決めておきましょう。

話し方を見られている

面接で話す内容も大切ですが、面接官は話し方なども確認しています。相手に物事を伝える際、ゆっくり伝わるように話せているか、簡潔に話を進められているかなど、様々のことをその場で確認しています。面接で話す際は、ゆっくりと丁寧に話が伝わるように自己紹介を行いましょう。

笑顔を心がけて練習しましょう

面接の際は笑顔を心がけてゆっくりと話しましょう。笑顔で話されている姿を見たら、面接官としても安心感があります。事前に自己紹介があると思って、頑張って練習してきているのだなと感じてもらえるでしょう。素晴らしい自己紹介がしたいのであれば、事前に練習をしておきましょう。事前に練習をしておくことで、面接の場でも慌てずに分かりやすく伝えられます。

 

奈良介護求人・転職ナビ (株)WillBeコーポレーション