これさえ押さえれば完璧!面接を勝ち取る9つのコツ その⑨
2019.12.26掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Line
面接関連

転職回数が多い場合の対策


転職回数が多い場合は面接でどのように答えたら良いのでしょうか。もしあなたが転職回数が多かったとしても、面接の際の答え方次第で面接官の印象を良くすることができます。その答え方について説明を行っていきます。

転職回数の多さを経験の多さとして語る

転職回数が多いということは、言い方を変えれば様々な企業を見てきたということです。様々な企業を見て、企業ごとに学ぶことがあったでしょう。その学んだことを、現在どのように活用しているか丁寧に説明するのです。明確に学んだことを説明し、活用していることはどのようなことなのか詳しく説明することで、面接官に現状についてよく分かって
いると思ってもらえます。

目的意識を持った答え方をする

転職回数の多い場合は目的意識を持った答え方をしてください。「私は、○○の企業で高齢者の接し方を学びました。ですから、今よりも上を目指すために、○○の企業で学んだことを元に、○○のことを経験してみたいと思っています。」といったような答え方です。目的意識をもって行動してくれる人というのは、面接官にとっても良い印象を持ちます。

入社したいという思いを伝える

転職回数が多かったとしても、入社したいという思いはしっかりと伝えられます。心の底からしっかり働きたいという思いを持って、面接官に面接をしていただくことで、その雰囲気を面接官も感じとっています。入社したいという思いを面接官に感じとってもらえるのであれば、転職回数が多かったとしても入社できる可能性はあります。

 

奈良介護求人・転職ナビ (株)WillBeコーポレーション