円満退社のコツ
2019.08.25掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Line
挨拶&マナー転職ノウハウ

退職を円満にするには

 

退職はできる限り、円満に進めたいものです。これまでに培ってきた経験や人脈は、あなたの貴重な財産として、今後もあなたのキャリアを助けてくれる場面があるはず。今後も良好な関係を保てるように、ここでは退職までの流れ、退職の意思表示から退職するまでにおける、円満退職のコツをご紹介します。

円満に退職するには意思表示から退職日までは平均して2カ月間程度を見ておくことが一般的です。また現在、在籍している園・会社に迷惑がかからないよういくつかのステップを踏まなければなりません。退職を決めた方、退職を迷っている方も退職するにはどのような流れで進める必要があるのか事前に確認しておきましょう。

▼退職の前に・・・退職は状況により、あなたにさまざまなリスクをもたらす場合があります。職場都合ではない限り、次の職場を決めてから退職することをおすすめします。

▼退職日の2カ月前意思表示のタイミングは2カ月前が理想です。その際、出来るだけ繁忙期は避け、時間に余裕を持って円滑に進むようにしましょう。また、この時に具体的な退職日を直属の上長と相談し、退職までのスケジュールを立てておきます。

▼退職日の1カ月前上長の承諾を得てから、退職願を提出します。(一方的に突きつけるようなことはNGです)また、後任への業務の引き継ぎを円滑にするため、必要な引き継ぎ資料など整理しておきます。また伝え忘れが無いように、伝えるべき事柄をリストアップしておくのも良いでしょう。

▼退職日の2週間前お世話になった方へのあいさつを進めます。ただし、職場の意向で事前のあいさつが出来ない場合もあります。まずは上長に相談しながら、挨拶状等の手配を進めましょう。

▼退職日最終日までには身の回りの整理をしておきます。そして当日は上長、同僚に挨拶をして気持ちよく退職日を迎えましょう。

 

参考になりましたか?  あなたの退職が円満に、スムーズにいくことをお祈り申し上げます。

 

 

奈良県内で介護の求人を探すなら⇒こちらクリック

 

トップページ