特別養護老人ホームとは? お仕事 その①
2020.12.10掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Line
介護の仕事福祉施設の種類や業務内容

 一概に「介護の仕事」と言っても、介護施設にはいくつもの種類があり、もちろんそれぞれ仕事内容も違います。
その中で、「特養(とくよう)」「特別養護老人ホーム」という施設形態について説明したいと思います。

 

特別養護老人ホームと介護福祉施設は同じ
老人福祉法では特別養護老人ホーム、介護保険法では介護老人福祉施設に位置付けられている


 特養とは?                            
・施設で暮らしながら介護のサービスを受ける
・公的な施設の為要介護者入所する施設の中では比較的安価で入所できる
・安価なため、入所希望者が多く、地域によっては入所までに数年待ちなど時間を要することもよくある
・入所は「65歳以上で要介護3以上」「40~60歳で特定疾患のある要介護3以上」「特例により入所が認められた要介護1から2の方」と定められている
・24時間の医療行為ができるわけではないので、24時間のケアが必要だったり、感染症を有している場合入所できないこともある

 

特養の形態は・・・                        
・従来型
   4人部屋を中心とした作りで、施設全体で介護を行う
・ユニット型
   個室中心で、10人ほどを1つのユニットとして介護を行う

 近年は個人のプライバシーの尊重や、個別ケアが重視される傾向にあるのでユニット型が多い

特養の仕事は・・・                        
原則として要介護3~5の要介護者に対し、施設サービス計画に基づいて、お世話をする

サービス内容                           
食事の介助 ◯  着替えの介助 ◯  入浴の介助 ◯   掃除・洗濯 ◯
排泄の介助 ◯  買い物代行  ◯  見守り・生活相談 ◯  レクリエーション ◯
着替えの介助 ◯  看取り介護 ◯  服薬管理 ◯   機能訓練(リハビリ) △
医療処置(胃ろう・経管栄養・たん吸引・点滴など) △
医療機関との連携 △  在宅復帰  △

まとめ                              

特養・特別養護老人ホームの施設の内容は何となくはお分かりいただけたかと思います。
次回は、一般的な特養での一日の流れをご紹介していきたいと思います。
これを読んでいただければ、仕事のイメージがつかみやすいと思いますので、ぜひ、お仕事探しの参考に
してみて下さい。
奈良介護求人・転職ナビには、多数の求人案件をとりそろえています。
きっとあなたに合ったお仕事がみつかるはずです。