年末調整について/2021年度
2021.10.15掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Line
知識編

2021年もあと数ヶ月で終わろうとしています。
10月に入り、生命保険会社から「生命保険料控除証明書」が届くと、「そうか~もう年末調整の時期が
来たのか~」と思う人も
多いのではないでしょうか?
毎年何気なくしているけれど、きちんとした内容や、意味までは知らないという方は少なくないと思いま
す。
コロナ禍で、仕事が減り、収入が減ったなどの理由で、家計を見直した方は多いのではないでしょう
か?そんな時だからこそ、
今一度、自分に関わる「お金の流れ」について知ることは大切です。

そこで、今回は、「年末調整」について再確認してみましょう。

 「年末調整」とは?


一言で説明すると、毎月の給与からさし引かれている税金の金額と、実際に納税すべき額との差額を調
整することです。この差額によって、還付されたり、徴収されたりします。
では、「年末調整」には、どんな税金の控除が受けられるのでしょうか?
それを簡単に説明しましょう。

 年末調整で受けられる控除の種類 


基礎控除

所得2,400万円以下の場合一律48万円

配偶者控除

給与収入が103万円以下の配偶者に適用で基本的には最高38万円

配偶者特別控除

給与収入が103万以上201.6万までの配偶者に適用。配偶者の所得に応じて変わり最高38万円

扶養控除

給与収入が103万円以下の16歳以上の扶養家族に適用。年齢にもよるが基本的には38万円

障害者控除

本人もしくは配偶者・扶養家族に障害がある場合に適用 27万円

寡婦(夫)控除

夫と離婚・死別した女性に適用 27万円

ひとり親控除

35万円

勤労学生控除

給与収入が130万円以下の勤労学生に適用 一律27万円

生命保険料控除

最高12万円

地震保険料控除

最高5万円

社会保険料控除

1年間に支払った国民健康保険料・介護保険料・国民年金保険料(本人・扶養家族合算)全額が控除適用

小規模企業共済等掛け金控除

iDeCoなどの個人型確定拠出年金や小規模企業共済などの掛け金全額が控除適用

 


年末調整にはこれだけの控除があります。毎年、会社からもらってきても、面倒だから提
出しなかったり、「毎年いつも同じ、ただ保険の証明書を貼ってだすだけ」と思っていま
せんか?年末調整は、きちんと活用すれば、支払った税金が返ってくる制度です。
みなさんも、損をしないためにしっかりと年末調整を行いましょう。

 

転職をお考えの方や仕事をお探しの方は、「奈良介護求人・転職ナビ」にお任せ。あなたに合った
お仕事をお探しします。
介護・看護だけでなく、その他医療関係のお仕事もご紹介いたします。
まずは、ご相談だけでも、お気軽にお問い合わせください。

奈良介護求人・転職ナビ https://narakaigo-kyujin-tenshoku.com/
フリーダイヤル  0120-515-713